隊員紹介

塩江町 Shionoe-cho

村山淳 MURAYAMA Jun

福島県いわき市出身。
高校卒業までを福島の自然豊かすぎる土地で過ごす。子どもの頃の日課は森で薪拾い
東京の大学に進学し、スコットランドへの留学を経て大学院進学。
専攻は歴史学言語学。スコットランド・ゲール語で歌を歌う数少ない日本人。
卒業後、妻とともに塩江町へ移住。
facebookページ「塩江温泉地域おこし協力隊」

相曽晴香 AISO Haruka

静岡県浜松市出身。
東京の美術大学を卒業後、映像修復やイラスト制作を経験。
こどもの体験施設でデザイン業務、ワークショップの企画・運営を行うかたわら、現代サーカスに興味をもち国内外の公演に足を運ぶ。
瀬戸内サーカスファクトリーをきっかけに高松市塩江町を訪れる。
高松市が行うこどもの芸術活動(高松市芸術士派遣事業)にも惹かれ移住。
facebookページ「塩江温泉地域おこし協力隊」

男木島 Ogi-jima Island

川田晃 KAWATA Akira

和歌山県和歌山市出身。
岡山大学で美術教育を専攻し、修士課程2年目にイタリア・ヴェネチアの大学にて1年間の研究生活を送る。美術鑑賞ならぬ文化鑑賞をテーマに15カ国の文化遺産・博物館を調査研究で訪れる。
2019年の瀬戸内国際芸術祭期間中に直島の地中美術館に勤務。合間を縫って瀬戸内海の島々を巡り、瀬戸内の文化や魅力に触れる。
瀬戸内の文化とそのストーリーを感じられる男木島博物館をつくることを目標に活動開始。
facebookページ 「男木島博物館」

石部香織 ISHIBE Kaori(OG)

東京都八王子市出身。
大学卒業後、東京のクリエイティブ関連企業でWebディレクションに携わる。
瀬戸内を旅行中にふらりと男木島に立ち寄り、島で生き生きと暮らす人たちや土地に魅力を感じて単身移住。2019年12月に任期満了し、男木島に麦麹食品店を開業。
webサイト「オギとムギ」

女木島 Megi-jima Island

藤村佳朋 FUJIMURA Yoshitomo

兵庫県西宮市出身。
大阪の高校でグラフィックデザイン、京都の芸術大学で現代アートを学ぶ。
地域づくり系ベンチャー企業を経てフリーランスのデザイナー・イラストレーターとして活躍中。
絵を描くことは仕事であり趣味
イベント出展やクライアント開拓のためフランス・パリに滞在し、帰国。
瀬戸内国際芸術祭の会場でもある女木島に移住。
note「女木島地域おこし協力隊」
竹藤狐 webサイト

高松市 Takamatsu-city

小瀧恵理 KOTAKI Eri

香川県高松市出身。
東京の大学などで服飾、色彩、グラフィックデザインを学ぶ。
旅行ご当地グルメ、写真好きが高じて旅行情報の編集・ライターに。
編集プロダクションや出版社を経て地元にUターン移住。
facebookページ 「香川県高松市 地域おこし協力隊」

タイトルとURLをコピーしました